再生医療について

膝関節の培養幹細胞治療とは

培養幹細胞治療ってなに?

脂肪細胞に含まれる幹細胞には、組織の自己修復能力を高めたり、炎症を抑える効果が期待できると考えられており、再生医療の分野では以前から注目されていました。 培養幹細胞治療では、この幹細胞を培養して数を増やし、それをひざ関節に直接注入します。 法的には第2種再生医療に分類され、国の許可を得た医療施設でしか提供できない治療となります。

なるほど、特別な許可が必要な治療なんですね!具体的にどういう治療の流れになるの?

治療の流れ

1.脂肪採取

患者さまの皮下脂肪を採取します。採取する脂肪量は20mLです。下腹部の目立たない位置から採取するのでご安心ください。麻酔もするので痛みもあまりないでしょう。所要時間は20分程度です。

2.幹細胞の分離

採取した脂肪細胞から幹細胞を分離して取り出します。この作業は、国の認可を得た専門の細胞加工施設で行われます。

3.幹細胞の培養

同じく細胞加工施設にて、取り出した幹細胞を約6週間かけて培養します。

4.注入

培養した幹細胞を、ひざの患部に注入します。注入は、ひざの一般的な注射治療と同じ方法で行います。所要時間は5分程度です。

以上が大まかな治療の流れになります。

どういう人に向いているの?

以下のいずれかに当てはまる場合は、培養幹細胞治療がお役に立てるかもしれません。 該当する方は、お気軽にご相談ください。

既存の治療で十分な効果が得られない

痛み止めの薬やヒアルロン酸注射などは、対処療法でしかなく長期間繰り返すことで効果が得られなくなることがあります。 最初はよく聞いたけどだんだんと効果が感じにくくなったという方いませんか? 幹細胞治療はそうした治療を漫然と続けていたという方に奏功することがよく見られます。

入院や手術を伴う治療は受けたくない

症状が進行して痛みが激しい場合手術療法が検討されますが、その多くでは入院が必要です。 幹細胞治療の場合は通院のみで受けられるので、家庭や仕事の都合で入院が難しいという方に特にお役に立ちます

自分のひざで過ごしたい

培養幹細胞治療は、自己組織を活用した再生医療です。体に備わる人間本来の持つ自己修復能力を引き出します。 人工物に頼らず、末長く自分のひざで生活したいという方のお力になります。

私たちにピッタリな内容ですね!でも、最先端の治療はちょっと怖いです。。

危なくないの?

培養生幹細胞治療は、自己脂肪細胞をつかったリスクの少ない治療です。 いつくかのポイントをしっかり押さえておけばリスクを減らし、効果を最大限に引き出すことが出来るので、特に以下の点にご注意ください。

1.脂肪採取後

・脂肪採取部位のむくみを抑えるため、当日から翌日にかけては飲酒をお控えください。
・治療当日は入浴を控えたほうがいいですね。軽くシャワーでお済ませください。翌日からは入浴可能でけども、2〜3日は短めの入浴が望ましいです。
・膝を曲げ伸ばしする運動などは積極的に行ってください(安静にし過ぎると関節が硬く動きにくくなることがあります)。

2.培養幹細胞注入後

・治療当日は飲酒、または湯船に浸かるといった行為はお控えください(軽いシャワー浴は可能です)。
・術後2〜3日は、激しい運動、マッサージなどはお控えください(腫れがひどくなる可能性があります)。
・膝を曲げ伸ばしする運動などは積極的に行ってください(安静にし過ぎると関節が動きにくくなることがあります)。

知っておいていただきたいリスク

・通常施術の際は、安全面には十分配慮されます。これまでに重篤な副作用は確認されていません。
・患者さま自身の細胞を用いる治療なので、拒絶反応などのリスクも少ないと考えられます。
・医療行為である以上、リスクがゼロとは言い切れません。脂肪塞栓症(血中に脂肪が混入し血管がつまる)や感染症、神経や血管が損傷するリスクも考えられなくはありません。
・治療後の経過中、もしご不安なことがありましたら、かかりつけドクターにすぐにご相談してください。

どんな治療も、全くリスクのない治療はありません。ですが、適切なアフターフォローをすることで最小限まで抑えることは可能です。施術後もきっちり面倒見てくれるクリニックを選ぶのがよいでしょう。

どんな些細なことでも構いません。下記よりお気軽にご相談ください。
人生100年時代、あなたの「なりたい想い」をお手伝いさせてください。