口元のたるみ

口元がたるんでしまう原因

皮膚のハリが失われることによる肌のたるみと表情筋(特に口角下制筋、口輪筋、笑筋)の衰えによって、口元のたるみが現れます。
口元の上にある頬(ほほ)から、加齢とともに弛んだ皮膚が重力で落ち、口元にマリオネットラインが形成され、なおいっそう加齢の度合いを強めてしまいます。

マリオネットラインとは?

マリオネットラインとは、唇の両脇からあごに向かって伸びる2本の溝のことです。
表情筋が衰えることによって、今まで表情筋の力によって支えてきた脂肪を支えきれなくなり重力の影響により下方に移動してきた脂肪が口角下制筋により堰き止められることにより出来てしまいます。

口元がたるんでしまうと…?

口元のたるみによる、左右の口角の下がりは“老い”と“陰鬱”な印象を与えます。
口元の皮膚がたるむと、左右の口角を下げて口がへの字になります。このたるみの元も、やはりコラーゲン産生細胞の減少によるものです。
初めて会った方には、顔が下向きに下がっている印象を与え、への字になった口元は優しい表情とは逆の表情である陰鬱な印象を与えます。さらに加齢の表情として、顕著に現れます。

松本クリニックの口元のたるみ治療

皮膚のハリが失われることによる口元のたるみ、左右の口角の下がりには、肌の再生医療も有効となります。

 

Before

症例写真 Before

60代女性 治療前

After

症例写真 After

治療6ヶ月後

口の施術

  1. マリオネットライン

    マリオネットラインへの再生医療

  2. 口元のたるみ

    口元がたるんでしまう原因